SR400のキック始動の方法って、知らない人はなかなかできないと思うので解説します

今すでにSR400に乗っている人にとっては当たり前のように思えるキック始動ですが、初めて乗る人やいつかは乗ってみたいと思っている人にとっては未知の領域ではないかと思います。

実際に私もそうでした。キック始動は原付バイクやホンダのスーパーカブでやったことがありましたが、SR400はデコンプレバーがありますから少し手順が変わってきます。

今回はSR400でエンジンをかける手順や、ちょっとしたコツについてのお話です

スポンサーリンク

SR400のエンジンをかける手順

私が実際にエンジンをかける時に行っている方法であり、取扱説明書に書かれている方法とほぼ同じです。

まずはメインスイッチ(キーシリンダー、鍵穴)にキーを挿入します。右に回してONにしましょう。

次にエンジンの右側にあるキックペダルを引っ張り出し、軽い力で蹴ります(踏みます)。すると途中から硬くなって、かなり強い力で蹴らないとペダルが下がらなくなるポイントにさしかかります。

ここで登場するのがデコンプレバーです。

デコンプレバーはクラッチレバーの下の方に隠れています。無理に硬いキックペダルを蹴らないで、硬くなったらデコンプレバーを握ってから、再び軽い力で蹴っていきます。

余談ですが、15年ほど前に初めて友人から譲り受けたSR400はスカチューン仕様でしたので、このデコンプレバーが取り外された状態でした。

「慣れれば問題ない」と言われましたが、結局は片手で数えられるほどしかエンジン始動に成功できず、嫌いになって売ってしまいましたよ。苦い思い出です。

話を戻しますが、デコンプレバーを握ったままだと軽い力でもキックペダルがどんどん蹴れるのですが、これだけではエンジンはかかりません。

ちょうどエンジンの頭の部分に小さなのぞき窓(キックインジケーター)がありますので、そこが黒色からシルバーになるまでゆっくりと蹴っていき、シルバーになったらキックペダルを蹴るのをやめて、デコンプレバーを離します。

正確には、シルバーのものがチラッと見えるまで蹴るっていう感じでしょうか。キックインジケーターの下半分がシルバーになっているのがわかると思います。

あとは、一度キックペダルを完全に戻した場所から勢いよく蹴り切ればエンジンがかかるというわけです。

参考:ヤマハSR400の特徴でもあり良さでもある「キック始動」はそれほど面倒?一発で始動するコツってあるの?

ポイントは勢いよく蹴り切ること。それと、蹴り切った後で少し止まるくらいがちょうどいいと思います。

蹴った後にすぐにペダルから足が離れると、ものすごい勢いでキックペダルが戻ってきて、最悪の場合はケッチンをくらう(弁慶の泣き所のあたりにキックペダルがぶつかって痛い、最悪の場合は骨が折れる)という状況になります。

暗くてキックインジケーターが見えないときはどうするの?

私がお世話になっているバイクショップの店長さんは、エンジンをかける時に、いちいちキックインジケーターを見ていません。

それどころかスムースすぎていつデコンプレバーを握っているのかわからないほどです。SR400に慣れてくるとこのようになるのですね。

そうでなくても、キックインジケーターは本当に小さな窓ですから、真っ暗な時にはほとんど見えませんし、左側にあるデコンプレバーを握りながら右側にあるキックインジケーターをのぞきつつキックペダルを蹴り進めて・・・って、意外に窮屈なんですよね。

なのでキックインジケーターを見ないでエンジンをかける時のコツについても触れておきます。

ポイントは、デコンプレバーを全部握りきってしまわないことです。

イメージ的には数ミリ程度握っておく感じで、軽い力で握ります。

すると、キックインジケーターが黒色からシルバーになった瞬間、デコンプレバーを握っている手に振動が伝わってきます。

人によってその表現は様々ですが、カクッとした振動があるという人や、スーッとデコンプレバーが軽くなるというような感触を感じる人もいるようです。

この方法を試してみるのであれば、実際にこの方法でキックインジケーターがシルバーになっているかを昼間のうちに確認して練習してみるのが確実ですね。

感覚でエンジンをかけられるとSR400との一体感が出てくるよ

私は今となってはキックインジケーターを見ることはほとんどありませんが、たまに見てみるとシルバーになっていないことがあります。それでも楽にエンジンはかかります。

キックペダルが硬くなるまで蹴って、そこからデコンプレバーを握って5cmくらいキックペダルを踏み込んで(この時点でシルバーになっていると思い込んでいるけど、実際にはそうなっていないことも多い)、デコンプレバーを離して一気に蹴るという感じです。

今のところはこの方法で困ったことはありません。

一応は正しい方法を知っておいて、あとは自分の感覚で楽にエンジンが始動できるようになれば何でもいいのかなーなんて思っています。

ただ、その方法がバイクの寿命を縮めてしまうようなものであればちょっと良くないですね。

知識を持った上で、最終的には流れるように感覚でエンジンを始動することができれば、愛車との一体感が生まれて、さらにSR400のことが好きになるはずですよ。

追記:キック始動がうまくできない時にチェックして欲しいポイントを別記事でまとめました↓

SR400のエンジンがかからないときにチェックできる簡単なポイントとは | SR Fan.jp

Posted by 愛媛ブロガー Atsushi(@Atsushi_k0

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です